ダイエットに必要なのは運動ではありません

痩せるためには腸から変えるのが最短で効果的です

ダイエットの基礎知識は単純にカロリーを意識した食事を心がけるだけでなく効率的に栄養を摂取していくことが重要になります。
特に腸内環境を整えることができれば体内の代謝が活性化され老廃物が適切に体外に排出されるようになるので、痩せやすい身体を作り上げることができるのです。

特に腸内環境を整えることができる乳酸菌や食物繊維を中心とした食事を心がけることが良いでしょう。
もちろん便通を改善させることにより代謝を改善させることも重要で、便が硬くなって出にくくなった場合はオリーブオイルなどを摂取して便通を良好に変えていくことが有効です。

オリーブオイルは一般的な油などよりもカロリーが低くなっているだけでなく、ダイエットに有効な成分が大量に含まれており、体脂肪率を低減させることが出来ます。
もちろん食事だけでなく運動を心がけることも重要です。単純にダイエットと言うと脂肪を燃焼させることが良いとされていますが、単純に脂肪を燃焼させてしまうだけではすぐにリバウンドしてしまうことに繋がるのです。

リバウンドをしてしまうと身体に絶大なダメージを与えてしまいます。リバウンドの状態を防ぐためにも脂肪を燃焼するのではなく脂肪を筋肉に変換することが重要になります。脂肪が筋肉に変換されていけば多少食事に問題があったとしてもすぐに太ってしまうことはありません。

さらに一度身体に筋肉がついてくると体脂肪率が低減されるだけでなく体内の代謝が改善されることに繋がるので、食べても脂肪が燃焼されていき身体に付かないのです。

そのため長期間ダイエットの効果を維持したいのであれば、単純に食事のカロリーに気をつけるだけでなく腸内環境を整えたり筋肉を適度に身につけることによって内側から痩せやすい身体を作り上げていきましょう。この方法は非常に時間がかかってしまいますが、効果が持続して行くので他のダイエットによる方法よりも失敗するリスクが非常に少ないです。

 

 

カロリーと運動

ダイエットに励んでいても、希望通りの効果が現れないことも少なくありません。
その場合は正しい知識を身に付けて、方法を見なおすことが大切です。

特に注意が必要なのは、食事制限だけで痩せようとするのは間違いであることです。ライフスタイルなどを考慮しつつ、できるだけ運動も取り入れていくことが望まれます。
逆に運動だけでダイエットの効果を得ようとするのも正しいとは言えません。どちらかの手段だけに頼ると効率が悪くなってしまいます。それどころか痩せにくい体質になるケースもあるので気を付ける必要があります。

たとえば食事制限のみでダイエットをすると、体が飢餓を避けようとして脂肪を必要以上に貯めるようになりかねません。逆に運動だけに頼っていると、いつまで経ってもスリムにならないことも多いです。

体脂肪を少し減らすだけでも、莫大なカロリーを使わなければならないからです。このように両者にはデメリットがあるので、それらに注意しながらメリットを引き出していくことが理想といえます。
たとえば食事制限を中心に行うなら、運動によるダイエットを促進することも意識してください。運動で消費するカロリーを計算して、それを超えない分だけ摂取するのが基本です。具体的には調理や購入時に、カロリーの分量に関するパッケージの記載をチェックしましょう。

そのように注意している人でも、つい食べ過ぎてしまうケースがあります。友人との付き合いなどで食事に行ったときや、冠婚葬祭で御馳走が用意されていたときなどは多く食べるでしょう。
そういう事態に陥った場合は、後悔するのではなく運動によってフォローすることが欠かせません。翌日の摂取量を減らすことから始めて、それでも足りない場合は翌々日以降のフォローも視野に入れると良いです。

ただし活動に必要な栄養が不足しないように留意する必要があります。サプリなどをうまく利用して補給することを心がけると成功しやすくなります。